HOME

HOME

バイナリーオプションとは、オプション取引のひとつ。通貨レートが一定の時間を得たあと「上がった」か「下がったか」を予想する非常にシンプルな投資方法です。よくバイナリーは「丁か半か」の博打に似ていると言われるためギャンブル的なイメージがありますが、れっきとした金融投資です。比較的誰にでも簡単に始められるという気軽さがあるのですが、しっかりと理論を学んでバイナリーに取り組めば、資産を大きく増やすせる可能性があります。

さて、この「バイナリー」とはどういう意味かをよく分かっていない方もいると思います。そこでバイナリーという子束についてお伝えしておきましょう。バイナリーとは「二進法」の意味です。二進法はご存じの方も多いと思いますが、「0」か「1」の2つの数字で構成されるものです。その名のとおり0か1か、その二択(上がるか下がるか)に対して投資を行うものとなります。

具体的にバイナリーオプションの場合、通貨レートが予想より上がった場合に利益を得られるケース、一方で通貨レートが下がった場合に利益が得られるケースがあります。そのどちらかを選んで、予想通りの結果が得られれば利益が獲得できるわけです。もう一つの「オプション」とは「権利」の意味です。株やCFDといった未来に売買をするための「権利」に投資を行うのがオプション取引となります。整理すると、未来に今の通貨や商品がどのような値動きをするかその予測を二択でおこなうのがバイナリーオプションということになります。

基本的には、買う権利「コールオプション」と売る権利「プットオプション」があって、通貨レートが上がると予想した場合はコールオプション、通貨レートが下がると予想した場合にはプットオプションとなります。

バイナリーオプションといっても種類は豊富がたくさんあります。なかでもバイナリーオプション初心者がスタートしやすいものが「為替」を対象としたバイナリーオプションとなります。為替と聞くとバイナリーオプションと似たようなものにFXトレードがありますが、FXトレードの場合、為替がどれだけ値動きするかによって損益額が変わるものの、バイナリーオプションは設定された時間内に、通貨レートが上がったか下がったかを予想するもので、どれだけ上がっても下がったもらえる利益が変動することはありません。

ではここから、バイナリーオプションについてさらに細かく見ていきたいと思います。

バイナリーオプションは世界の基軸通貨がメイン

先ほど申し上げたように、バイナリーオプションでは通貨を投資対象とするものがあります。これがバイナリーオプション初心者でも手を出しやすいものです。その中では「ドル/円」と「ユーロ/円」「ポンド/円」の組み合わせが主要な通貨となっており、これらの基軸通貨に絡んだバイナリーオプションを行うのがまずは無難です。ある程度知識がついていけば、「もっと別の通貨での取引をしてみたい」と流通量が少ない通貨によるバイナリーオプションを試みる人も出てくるかもしれませんが、情報が少ない通貨での取引は大きな危険が伴います。まずは流通量や情報量の多い通貨にてバイナリーオプションをスタートするのが安全です。

為替相場はなぜ上がったり下がったりするのか?

ではどうして通貨レートが上がったり下がったりするのでしょう。その仕組みをよくわからないで取引を始めても負けまっしぐらです。まずはお金の流れについてしっかりと把握しておきましょう。

通貨レートが変動するというのは、通貨需要と供給のバランスによって生じます。たとえば、米ドルのように、とある国の通貨を欲しいと思う人が多ければその通貨の価値が高くなりますので手に入りにくくなります。一方、ある靴に通貨はもういらないので売りたい、という人が多くなればその通貨の価値は下がり価格は安くなります。このような単純なルールによって成り立っているのが為替相場です。ただし、バイナリーオプションに限らず金融商品は、日本国内でだけ取引がなされているものではありません。世界中のトレーダーたちとさまざまな通貨を売買しながら為替レートは変動していきますので、バイナリーオプションを行う際には、世界経済についても学んでおく必要があります。特に自分の取引で使用する通貨を基軸通貨とする国についてはしっかりと学んでおきましょう。

値動きが小さくても大きな利益を得られるチャンスが!

バイナリーオプションは通貨レートが一定時間を経過したのちに上がったか下がったかを予想する投資スタイルです。予想が当たった場合にはバイナリーオプションの業者が決められたペイアウト率(支払い率)に応じて支払いが行われます。掛け金となる投資額は多ければ多いほどペイアウト額は増えます(ただし掛け金には上限があります)、株やFXのようにマイナスになって借金を背負うようなことはありません。基本的には0か100か、つまり勝つか負けるかで損益は確定します。掛け金以上の損失はありません。損失額はバイナリーオプションをスタートした段階で決まっているため、資金以上の投資をすることはそもそもできないのです。

では、ここからはバイナリーオプションの特徴についてみていきたいと思います。

結果判明が早い

バイナリーオプションの特徴として1回の取引期間が非常に短いことです。

バイナリーオプションの取引の流れ

STEP1:取引スタート
STEP2:購入開始
STEP3:購入終了
STEP4:判定時間
STEP5:支払い時間

バイナリーオプションを行う際には判定時間を選択することができますが、この期間、わずか数分から数十分で終わらせることができるのがバイナリーオプションです。FXや株式投資の場合には、長期に保有して利益を出すといった流れを汲むケースが多いと思いますが、バイナリーオプションではそんなことはありません。バイナリーオプションは短時間での予想で結果が得られる金融投資であるため、仕事が忙しい方や主婦、学生の方、副業的に投資を行っている方でも十分行えます。

最近はスマートフォンアプリ対応が増えていますので、バイナリーオプションはちょっとした隙間時間をうまく活用して、いつでもどこでも行うことが可能となっています。

少額からスタートすることが可能

また、バイナリーオプションは投資額が少なく始められる点もポイントです。バイナリーオプション業者によって額は異なりますが、最小取引額が小さいところは10円~といった業者もあります(実際に10円が2倍になって20円になったとしてもあまり意味があるわけではありませんが、あくまでそれぐらい小さい額で取引できるということです)。
とにかく少額からバイナリーオプションをスタートさせ、だんだんとロットを増やしていくのが正しい戦略といえるのではないでしょうか。

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションは、初期投資も少なくて済むこと、そして資金がマイナスにならない金融投資ではありますが、デメリットも当然ながらあります。そのデメリットですが、簡単なトレードがゆえにギャンブルトレードとなってしまいがちなこと。ギャンブルトレードとは、ただやみくもに投資を行ってしまう、その名の通りギャンブルをしているかのようなトレードに陥ってしまうことです。バイナリーオプションは「上がる」か「下がる」かの二択ですから当然基本的には勝率は50%となります(厳密には引き分け「ドロー判定」もあり得ます)。しかしながら、バイナリーオプションについての知識も得ずただやみくもにバイナリーオプションに手を出してしまえば、勝てるはずがありません。当然バイナリーオプションで結果を出していくためには、しっかりと研究する時間が必要です。投資にはリスクがつきものですが、資金管理については最低でも勉強しておきましょう。

バイナリーオプションの取引方法

バイナリーオプションには「ラダー取引」と「レンジ取引」と呼ばれる取引方法があります。


まずラダー取引ですが、これは通貨レートが上がるか下がるかを予想するだけのものです。予想は二者択一となり、当選確率は50%。バイナリーオプション業者によって多少異なりますが、ペイアウト率はおおむね2倍程となっています。

一方、レンジ取引は通貨レートが上がるか下がるかに加えてどのぐらい価格が動くかを予想するものです。このケースでは、二者択一ではないため当選確率が大きく変わり、先ほどの50%より当然ながらダウンします。当選確率が低く抑えられていればペイアウト率はその分大きくなりますし、当選確率の高いものはペイアウト率が低くなります。とはいえバイナリーオプション初心者は、まずはラダー取引でバイナリーオプションを学習し、その後にレンジ取引へ挑戦していくのが無難です。

バイナリーオプションはFXと比べると資金効率が高い投資です。なぜならバイナリーオプションは回転率が高く、短期間で数多く投資が行えるためです。海外のバイナリーオプション業者の場合には1日に10数回~100回以上の取引を行うこともできます。ペイアウト率が2倍前後ということからすうと、数を重ねることが利益を出すために必要な条件となりますので、投資機会が多ければ多いほどバイナリーオプションで勝てるチャンスが広がります。

バイナリーオプション勝率アップを目指すには?

バイナリーオプションは非常に簡単に見える金融取引のため、SNSをはじめとした広告でも見かけることは多いと思います。そこで謳われる文句も誰でも勝てそうに感じてしまうような「単に上がるか下がるかを予想するだけで稼げるバイナリーオプション」といったものだったりします。なかには、その言葉を鵜呑みにしてバイナリーオプションをスタートしたものの一向に勝てず大損してしまうことも多いのだとか。

では実際のところバイナリーオプションの当選確率を高める方法はあるのでしょうか?

  • 過去の値動きから未来の動きを予想する
  • 大きな値動きが起こりそうなイベント(経済指標発表)などを狙った取引を行う

これは株やFXでも同じことが言えます。
過去の値動きを参照する場合には、さまざまなトレード手法を学んでおくことにより、為替レートが上がるか下がるかを読める確率が高くなりますので、しっかりと勉強しましょう。また、重要な経済指標の発表や政策金利が変更されるなど、重要なイベントや発言があった場合に為替相場は大きな変動を起こすことが多いです。よって、そのような機会に取引を行えば勝てるチャンスは大きくなります。ただし、必ず変動が起きるかといえばやってみなければわかりません。あくまで変動する可能性が高いということですから、その点は自己責任でお願いいたします。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

さきほどトレード手法についてお話しましたが、為替の値動きを予想するのに知っておくべき分析方法として有名なものに、「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」があります。これは株やFXといった投資の世界はではよく耳にする言葉ではありますが、バイナリーオプションでも有効な分析手法のひとつです。為替相場の分析もせずに単に投資をしても勝てません。しっかりと利益を出すには、基本的な戦術となるテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を学ぶべきです。

ファンダメンタルズ分析とは?

最初に「ファンダメンタルズ分析」について。ファンダメンタルズとは直訳すると「経済の基本条件」といった意味になります。簡単に言うと国や企業の情勢を図るための指標です。たとえば、GDP(国内総生産)統計、雇用統計、消費者物価指数、貿易収支、鉱工業生産指数などが定期的に発表されますが、これらはファンダメンタルズ分析に必要なものです。

米国における経済指標発表時期
  • GDPは4,7,10,1月
  • ISM製造業景気指数毎月第1営業日
  • 個人消費支出だと4,7,10,1月
  • 消費者物価指数だと毎月15日あたり
  • 失業率は毎月第1金曜日
  • ADP雇用者数は毎月第1水曜日
  • 政策金利は6週間ごとの火曜日水曜日

これらを知っておくと取引タイミングがつかめます。

政策金利について知っておこう

また各国中央銀行が発表する政策金利も重要な指標です。政策金利とは、銀行が中央銀行(日本の場合、日本銀行です)からお金を借りる際に支払う金利のことを指します。銀行は中央銀行から借りたお金を個人や企業に貸し出しますが、その際に金利を設定します。銀行も利益をださなければなりませんので、借りた金利より貸し出す金利は大きくなります。単純に政策金利が上がれば普通の銀行も貸出金利を上げざるを得なくなります。反対に政策金利が下がれば貸出金利は下がります。普通に考えると、金利が低ければお金を借りやすくなりますので、経済は活性します。反対に金利が上がれば企業はお金を借りにくくなりますので経済が収縮します。そのため、中央銀行は経済が冷え込めば政策金利を下げて企業が設備や人材投資にお金を使うように持って行きますし、経済が上向きになれば政策金利を上げて投資熱を少し抑えようとします。

世界的な視点で見ると、景気が上がっている国の場合には政策金利は上がるため、政策金利が上がった国の通貨は買われやすくなります。一方景気が後退している国の場合、政策金利は下がるため、政策金利が下がった国の通貨は売られやすくなります。日本は今どちらにいるかといえば景気が良いとは言えませんので比較的円安状態にあると言えます(それでも2022年に比べればかなり回復してきましたが)。

政策金利は各国の中央銀行が定期的に開催する金融政策会合によって決められます。政策金利に見直しが入った場合、通貨レートが大きく変動しますので、この発表タイミングなどにバイナリーオプション取引を行うと非常にわかりやすいかもしれません。

ファンダメンタルズ分析で活用される指標を見ていくことで、プラス成長を示している国であれば通貨は買われやすくなりますし、マイナス成長を示している国であれば通貨は売られやすくなります。国や企業の安心度を判断するためにファンダメンタルズ分析は行われます。

テクニカル分析とは?

「テクニカル分析」とは、過去の値動きを見て今後の値動きを予測するチャートを活用した分析手法です。
テクニカル指標にはたくさん種類がありますが大きく「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

トレンド系とは?

トレンド系は、全体的な相場の流れをつかむのに必要な指標を表すテクニカル指標となります。主に今後の流れを予測するのに利用されますが、方向性が決まっているものに対し適用されることから、為替相場の流れに逆らわず、上昇トレンドの時に購入して下降トレンドの時に売却する順張りトレード局面にて利用されています。

トレンド系テクニカル指標にはどのようなものがある?

トレンド系のテクニカル指標でよく耳にする代表的なものを以下で3つ紹介します。

  1. 移動平均線
  2. ボリンジャーバンド
  3. 一目均衡表

1.移動平均線

移動平均線は、テクニカル指標の中でも最も基本となるものです。
移動平均線は、過去一定期間の価格を平均した結果が表示されます。移動平均線の向きにより「上昇トレンド」「レンジ相場」「下降トレンド」を判断することができます。

また移動平均線は「単純移動平均線」「加重移動平均線」といったものが相場の値動きに敏感に反応する特徴を持っています。

  • 移動平均線に角度がつき、ローソク足より下で推移している場合には「上昇トレンド」
  • 移動平均線に角度がつき、ローソク足より上で推移している場合には「下降トレンド」
  • 移動平均線が水平に近く、ローソク足と絡みながら推移している場合には「レンジ相場」

となります。1本の平均線だけでなく複数の平均線を組み合わせて利用することにより、為替相場の流れや転換タイミングをより判断しやすくできるものとなっています。さらに短期・中期・長期の3本線を組み合わせることが多いため、以下のシグナルの見極めに強いことが特長です。

ゴールデンクロス:短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜いたもの。下降から上昇に転じており、買いのサインとなります
デッドクロス:短期移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に抜いたもの。上昇から下降に転じており、売りのサインとなります

2.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーが考案した「標準偏差」「正規分布」といった統計学を取り入れて作られたテクニカル指標です。移動平均線+上下2本ずつとなる4本の標準偏差、合計5本線にて構成されています。

ボリンジャーバンドでは、「σ」が値動きのバラつきの程度を示しています。1σ〜3σのバンドで表され、それぞれローソク足が収まる確率は統計学的に決定されています。

±1σの中に価格が収まる確率:68.27%
±2σの中に価格が収まる確率:95.45%
±3σの中に価格が収まる確率:99.73%

なお、+2σを超えたら上昇し過ぎで「売り」のサイン、-2σを超えたら下落し過ぎで「買い」のサインとなります。

3.一目均衡表

一目均衡表は、日本生まれのテクニカル指標。一目見れば為替相場の状況がわかるという意味から名付けられたものです。ただし理論が複雑なため、理解できる人は日本でも少ないとされています。

一目均衡表の特徴ですが、先行スパンの2本の線の間を「雲」と呼び、この雲は「抵抗帯」と見なされて厚みがあればあるほど抜けるのが難しいものとなっています。

転換線が基準線を下から上に抜いた場合:買いのサイン
転換線が基準線を上から下に抜いた場合:売りのサイン
雲と遅行スパン(当日の終値を26日前にさかのぼって記録したもの)がクロスした場合:強いトレンド

一目均衡表の見方ですが、ローソク足が雲より上にあれば「上昇トレンド」、下にあれば「下落トレンド」です。

オシレーター系

一方オシレーター系とは、トレンド系とは逆の相場で利用されるテクニカル指標です。レンジ相場のような一定ラインの範囲で上下に動くようなときに効果を発揮します。トレンド系が順張りトレードに向いているのに対し、オシレーター系は逆張りトレードに向いています。

オシレーター系テクニカル指標にはどのようなものがある?

オシレーター系の代表的なテクニカル指標も3つほど紹介しておきます。

  1. RSI
  2. MACD
  3. ストキャスティクス

1.RSI

RSIは相対力指数と呼ばれるもので、為替相場の一定期間の値上がり幅と値下がり幅を利用し、どちらに勢いがあるかを示してくれるテクニカル指標となります。RSIは結果を0%〜100%の範囲で返してくれますが、

70%〜80%以上:買われ過ぎ=売りのサイン
20%~30%以下:売られ過ぎ=買いのサイン
50%付近:もみ合い=待ちのサイン

となります。RSIの効果が発揮されるのはレンジ相場となりますが、数値が70%以上、30%以下になった際には売買サインです。

2.MACD

MACD(マックディー)は、移動平均収束拡散手法と呼ばれるもので、移動平均線の応用テクニカルチャートで短期移動平均線と中長期の移動平均線の2本のラインを利用し、為替相場を予測するものとなっています。MACD線とシグナル線の交差が売買タイミングとして利用されます。ゼロラインより上であれば相場は上昇傾向、下にあれば下降傾向と判断されます。

3.ストキャスティクス

ストキャスティクスは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するテクニカル指標です。ストキャスティクス分析には、主に「ファーストストキャスティクス」と「スローストキャスティクス」があります。まずファーストストキャスティクスは、実際の相場の影響を受けるため素早い反応をしめるもののダマしにあう確率が高くなります。一方スローストキャスティクスは動きが遅いものの信頼性は高いです。バイナリーオプション初心者であれば、スローストキャスティクスを活用しましょう。

以上、これら「ファンダメンタルズ分析」「テクニカル分析」の2つの分析手法をうまく活用すればバイナリーオプションでの勝率を高めることが可能となります。バイナリーオプションを学ぶにあたってもここでは紹介しきれないぐらいの指標やテクニックなどがありますので、バイナリーオプションをスタートする前には必ず投資テクニックに関する書籍や情報に触れておきましょう。

バイナリーオプションは相場があまり変動しない局面で有利

バイナリーオプションは、投資を行った時点で損益額が確定してしまう投資方法です。リスクは少ないとはいってもやはりその分利益を大きくするためには、何回も何十回も数を重ねる必要があります。当然すべての取引機会で勝てるほどバイナリーオプションは甘くはありません。単発的に負けたとしてもトータルで勝つ、ということを念頭に取引を行っていくことがバイナリーオプションの勝利への近道です。

バイナリーオプション業者を選ぶコツ

さて、バイナリーオプションをするにあたっては「業者選び」から始めることになります。この業者選びをミスってしまうと、勝てる勝負で勝てなくなってしまいます。

バイナリーオプションの業者選定に使われる基準
  1. ペイアウト率の高さ
  2. 手数料の有無
  3. サポート(海外バイナリーオプションの場合には日本語サポート)
  4. プラットフォーム
  5. 取引ルール
  6. 通貨ペアの数

この中で、一番目立つのは「ペイアウト率」ということになるでしょう。

1.ペイアウト率の高さ

ペイアウト率は、バイナリーオプション取引で勝利した際に支払われる配当の倍率です。たとえば、ペイアウト率2倍であれば、掛け金に対し2倍の金額が支払われます。バイナリーオプションは、バイナリーオプション業者によって、または取引形態によってペイアウト率が変わってきます。よって利用したい業者がどんなサービスを行っており、どれくらいのペイアウト率があるかはしっかり確認しておきましょう。たとえば、海外バイナリーオプションで有名なハイローオーストラリアは最高で2.3倍のペイアウト率となっています。

2.手数料の有無

バイナリーオプション業者によって、出金手数料がかかるところもある点はチェックしておきましょう。バイナリーオプション業者によっては出金手数料が数千円にもなるところもあります。そのような高いところだと、どんなに利益が出せても一瞬で失うこともあるでしょう。さらに銀行手数料がかかるところもあります。出金時にはどのくらい費用がかかるかは確認しておきましょう。

3.サポート

国内のバイナリーオプション業者であれば、日本語でサポートしてくれるので不安になることはないでしょう。しかし、海外のバイナリーオプション業者を利用する場合「英語ができないとだめなのでは?」と思っている方もいるかもしれません。しかし最近は、日本市場でFXなどが人気であることもあり、日本人向けサポートに力を入れている業者は多いです。たとえば、ハイローオーストラリアはメールや電話での対応が行われていますし、オンラインチャットを取り入れている業者もあります。

4.プラットフォーム

プラットフォームとは、バイナリーオプションを行う際に見る画面(ツール)のことを言います。これが自身にとって操作しやすいか、機能に問題がないかを確認しておく必要があります。そのため、多くのバイナリーオプション業者は、デモ画面を準備しています。仮想資金を使ったデモ取引で、操作感を確かめたりすることが可能です。

5.取引ルール

バイナリーオプションにおける取引ルールは主に3つ「ラダー取引」「レンジ取引」「ワンタッチ取引」です。

ラダー取引

バイナリーオプションで最も一般的な取引方法が「ラダー取引」です。ラダー取引は目標レートよりも上がるか下がるかを予測するものとなっており「ハイロー」と呼ばれます。

High:目標レート以上と予想した場合に選択する
Low:目標レート未満と予想した場合に選択する

レンジ取引

レンジ取引は、2つの目標レートの幅に収まるか収まらないかを予測する取引方法です。一定の期間レンジ相場が続くと予想ができる場合には最適です。目標レートの内側なら「IN」を、目標レートの外側なら「OUT」を選択します。ただ、レンジ相場で取引できるバイナリーオプション業者は、ラダー取引ができる業者と比べると少ないのが現状です。

ワンタッチ取引

ワンタッチ取引は、設定した時間内に予想が1度でも当たれば利益を得られる取引方法です。時間を設定するのはバイナリーオプション業者側で、目標レートに到達するとすれば「タッチ」を、目標レートに到達しないとすれば「ノータッチ」を選択するものとなっています。

6.通貨ペアの数

バイナリーオプションで取り扱いのある通貨ペア、これは各バイナリーオプション業者によって異なります。バイナリーオプションの通貨ペアはFXの通貨ペア数と比べるとかなり少ないですが、仮想通貨を取り扱っている業者が増えてきており取引の幅自体は広がっています。ハイローオーストラリアやFIVESTAR MARKETSは取り扱っている通貨ペアや商品も多いです。

おすすめ海外バイナリーオプション業者7選

ここからはおすすめ海外バイナリーオプション業者7社をピックアップして紹介していきます。バイナリーオプション業者はFX業者に比べると日本に進出しているバイナリーオプションは数が少ないです。複数あるバイナリーオプションの中から「これは」という業者を選んで、まずはバイナリーオプションをスタートさせてみましょう。

ブビンガ

ブビンガ
ブビンガは、NORTANA SERVICES LIMITEDなるキプロスにある会社が運営しているバイナリーオプション業者です。公式サイト(https://bubinga.com/ )は一見すると非常にシンプルなつくりとなっていますが、実際は2012年からサービスをヨーロッパ中心に行っているようです。日本に進出してきたのは2022年9月頃とごく最近のため、情報があまり出回っていませんし、日本での知名度はほとんどない状態です。しかし、最低取引額が1$で、仮想通貨取引により土日でも取引できる点がある意味魅力なので、今後流行る可能性を秘めています。

ブビンガの会社情報

ブビンガの公式サイト
会社名/本社所在地 NORTANA LTD(26795 BC 2022)
305 Griffith corp. centre, P.O.BOX 1510, Beachmont, Kingstown, Saint Vincent and the Grenadines
NORTANA SERVICES LIMITED(HE 433385)
Pythagora 1, office 205, Egkomi, 2408, Nicosia, Cyprus
お問い合わせ オンラインチャット
メール:support@bubinga.com

ブビンガの特徴

ブビンガの特徴についてですが、公式サイトによると以下のようなものがあります。

1ドルから取引可能

ブビンガは1ドルから取引開始できます。そのためバイナリーオプション初心者でも、まずは様子見で少額トレードできる点は非常に大きいです。

5ドルから入金可能

またブビンガは5ドルから入金が可能です。他の海外バイナリーオプションでは5,000円といった最低入金額のところもありますので、その10分の1程度の金額で取引に参加できます。

入金方法が多彩

ブビンガは入金方法が非常に多彩です。公式サイトによると15の入金手段があります。
PayPay/Visa/MasterCard/JCB/PerfectMoney/Sticpay/iWallet/TigerPay/Bitcoin/Litecoin/Ripple/Ethereum
/TetherERC20/AstroPay/vegawallert/

出金方法も多め

出金方法も入金ほどではないもののたくさんあります。
BankTransfer/Sticpay/Bitcoin/Litecoin/Etherum/Ripple/TetherERC20/TergerTRC20

ブビンガ基本情報

ブビンガのバイナリーオプションにおける基本情報です。

最大ペイアウト率 2.0倍
最低入金額 5$
最低出金額 5$
ロット 1$
入出金手段 国内銀行/Paypay/決済代行業者/クレジット/仮想通貨
取引時間 5(短期)5分〜3ヶ月
取引可能資産 為替/株価指数/商品指数/仮想通貨
デモ口座 あり
取引ツール WEB/Androidアプリ
同値判定 負け
出金手数料 無料
1回の取引 最大100,000$

ブビンガで取引可能な通貨ペア

ブビンガで取引可能な通貨ペアはかなりたくさんあり、60種類程度あります。メジャー通貨ペアからマイナー通貨ペアまでさまざまです。

EUR/USD EUR/GBP EUR/JPY USD/JPY GBP/USD
AUD/CAD AUD/CHF AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD
CAD/CHF CAD/JPY EUR/AUD EUR/CAD EUR/CHF
EUR/NZD EUR/SEK EUR/TRY GBP/AUD GBP/CAD
GBP/CHF GBP/JPY GBP/NZD NZD/CAD NZD/CHF
NZD/JPY USD/CAD USD/CHF USD/CNH USD/MXN
USD/NOK USD/SEK USD/SGD USD/TRY USD/ZAR
FACEBOOK GOOGLE INTEL MASTERCARD MCDONALDS
MICROSOFT NERFLIX NVIDIA TESLA TOYOTA
VISA APPLE ALIBABA AMAZON LATAM
ASIA GSMI DOWJOEES30 FTSE NASDAQ
GOLD CRYPTO IDX BITCOIN ETHEREUM LITECOIN
RIPPLE

ブビンガのアカウント種類

ブビンガにはアカウントの種類が4つ+VIPの計5つの種類があります。それぞれ取引条件が異なりますのでしっかり確認しておきましょう。

  Start Standard Business Premium VIP
入金額 5–99.99 $ 100–499.99 $ 500–1,999.99 $ 2,000–4,999.99 $ 5,000 $
トレードバック 0 5%(ボーナスとして) 10%(ボーナスとして) 12.50%(ボーナスとして) 15%(現金として)
取引資産 46 53 61 73 78
1日/1週間の出金制限 50 $ / 100 $ 200 $ / 500 $ 500 $ / 2,000 $ 1,500 $ / 4 000 $ 15,000 $ / 100,000 $
リクエストごとの制限 25 $ 50 $ 100 $ 250 $ 無制限
出金リクエスト 営業日5日以内に処理 営業日3日以内に処理 営業日2日以内に処理 営業日1日以内に処理 営業日1日以内に処理
トレーディングルーム Business Business Business, VIP
同時オープントレードの金額 100 $ 250 $ 1,000 $ 2,500 $ 無制限

トレードバック:取引に負けた取引金の一部払い戻しのこと(損失補填)。毎週火曜日の12:00(UTC+0)に入金されます。利息はアカウントによって異なります。

ハイローオーストラリア


ハイローオーストラリアは、「世界の個人投資家に最高のバイナリーオプション・サービスを提供したい」という情熱を持った世界のトップバンクの元トレーダー経験者とブローカー経営者によって設立されたバイナリーオプション取引サイト。バイナリーオプション取引が行える業者の中では断トツで人気が高く、多くのトレーダーに利用されています。40年以上にわたるハイローオーストラリアの経営陣によるトレーディング業務や仲介業務経験、ノウハウを生かしてサービスを提供しています。シンプルな取引プラットフォームや、高ペイアウト倍率(最大2.3倍)の商品を提供したり、お客様がスピーディーに安心して入出金できる仕組みも提供してくれています。30万人を超えるお客様が登録している人気ぶりです。

ハイローオーストラリアの会社情報

ハイローオーストラリアの公式サイト
会社名/本社所在地 HLMI LLC
First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
設立年月日 2020年7月17日
業務内容 ・外国為替証拠金取引仲介業務
・インターネット上で行う外国為替取引に関する業務
・外国為替の売買・媒介業務
・外国為替に関する情報提供サービス
各種お問い合わせ電話 メール:support@highlow.net
各種お問い合わせ電話:0800-222-2164 月曜日午前9時から金曜日午後5時
電話:+61 91869161月曜日午前9時から金曜日午後5時
文書によるお問い合わせ:Level 14 Macquarie House, 167 Macquarie Street, Sydney, NSW 2000 Australia

※HLMI LLCはセントビンセント及びグレナディーン諸島の有限責任会社法に基づいて登録されています。

ハイローオーストラリアの特徴

ハイローオーストラリアの特徴についてですが、公式サイトによると以下のようなものがあります。

機能豊富なインターフェイス

ハイローオーストラリア取引画面のデザインは、トレーダーの利便性が優先された作りとなっています。大きくて見やすく明るい基調のチャートや、シンプルで機能的なサイズの大きいボタンが設置。簡単に素早くトレードが行えます。

安全な資金確保

ハイローオーストラリアのすべてのトレーダー資金は、信頼性の高い金融機関に預金されています。取引銀行は、AA以上の格付けを有しているので安心安全です。

クイック入金と出金

バイナリーオプションでは、資産管理しやすい点は業者選びの重要なポイントです。ハイローオーストラリアは、多様な入出金手段を用意していますのでとても安心。国内銀行入出金のほか、取引口座に即反映されるクイック入金も可能となります。

トレーダーチョイスのインジケーター(指標)がある

トレーダーチョイスは、ハイローユーザーが現在の取引におけるトレンドを、リアルタイム確認できるポジションインジケーター(指標)。この機能はハイローオーストラリアを利用するトレーダーの方の取引に応じて更新されていきます。

ハイローオーストラリアの取引方法

ハイローオーストラリアの取引方法には「ハイロースプレッド」と「ターボスプレッド」といった2つがあります。
それぞれの銘柄や判定時間、取引時間帯は下記表にまとめてあります。

銘柄 判定時間 取引時間
ハイロー
ハイロースプレッド
CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD
EUR/GBP, GBP/AUD, GBP/USD
NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD
USD/CHF
15分 平日8時〜翌日3
1時間 平日8時〜翌日6
1日 平日7時〜翌日6
AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY
EUR/USD, GBP/JPY, USD/JPY
15分
1
時間
1
平日8時〜翌日6
BTC/JPY, ETH/JPY 1日 平日8時〜翌日6
BTC/USD, ETH/USD 1日 平日7時〜翌日6
ゴールド 1日 平日7時〜翌日6
USOIL 1日 平日7時〜翌日5
UKOIL 1日 平日9時〜翌日5
AUS200 1日 平日9時〜翌日15
JPN225 1日 平日9時〜同日11時半
平日12時半〜同日15
HKG33 1日 平日10時半〜同日13
平日14時〜同日17
GER30 1日 平日16時〜翌日12時半
FRA40 1日 平日16時〜翌日12時半
UK100 1日 平日16時〜翌日12時半
US30・NAS100SPX500 1日 平日22時半〜翌日5
ターボ
ターボスプレッド
AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY
EUR/USD, GBP/JPY, USD/JPY
BTC/USD, ETH/USD, BTC/JPY
ETH/JPY
30秒
1

3

5
平日8時〜翌日5
NZD/JPY 30秒
1

3

5
平日8時〜翌日3

ハイローオーストラリアの通貨ペア

ハイローオーストラリアは、他の海外バイナリーオプション業者と比べると通貨ペアは豊富なほうです。取引可能な通貨ペアは全部で17通貨ペアとなります。

USD/JPY 米ドル/日本円
EUR/USD ユーロ/米ドル
EUR/JPY ユーロ/日本円
GBP/JPY 英ポンド/日本円
AUD/JPY 豪ドル/日本円
AUD/USD 豪ドル/米ドル
NZD/JPY ニュージーランドドル/日本円
EUR/GBP ユーロ/英ポンド
EUR/AUD ユーロ/豪ドル
GBP/USD 英ポンド/米ドル
CHF/JPY スイスフラン/日本円
CAD/JPY カナダドル/日本円
NZD/USD ニュージーランドドル/米ドル
USD/CHF 米ドル/スイスフラン
USD/CAD 米ドル/カナダドル
AUD/NZD 豪ドル/ニュージーランドドル
GBP/AUD 英ポンド/豪ドル

ハイローオーストラリアの利用のメリット

ハイローオーストラリアを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

最大2.3倍とペイアウト率が高い

ハイローオーストラリアは、ペイアウト率がバイナリーオプション業界ではトップクラス。ペイアウト率は高ければ高いほど稼げます。ペイアウト率が0.05異なると、1万円でバイナリーオプション取引したケースの場合、ペイアウトが500円変わります。
なお、ハイローオーストラリアには4つのオプションがありますがそれぞれのペイアウトは次のようになっています。

ペイアウト率

ハイロー:1.85~1.95倍
ハイロースプレッド:2.00倍
ターボ:1.85~1.95倍
ターボ スプレッド:2.00~2.30倍

PC/スマホ用取引プラットフォームが使いやすいと評判

ハイローオーストラリアはプラットフォームの使いやすさが人気です。
パソコン用ウェブサイトでは、トレーダーズ・チョイスで取引の傾向を確認できたり、シンプルで直観的に使えるインターフェイスで取引可能だったり。スマートフォン用ウェブサイトは、iOS端末またはアンドロイド端末両方で利用できます。直観的に使えて信頼できるスマートフォン用取引プラットフォームとなっている点や、ダウンロードやソフトウェアの更新不要である点が特長です。

日本語に不安がない

ハイローオーストラリアは日本語に完全対応しています。英語でやり取りする必要がなく、日本語でサポートとやりとりできます。なおハイローオーストラリアの問い合わせ時間は、電話の場合は平日9:00~17:00、メールは24時間受付しています。

口座開設後すぐにバイナリーオプション可能

ハイローオーストラリアでは、新規口座開設後すぐバイナリーオプション可能。まずはデモ口座で使い勝手を確かめてからトレードをしたい人もいるでしょう。そういった人はまずはデモ口座を利用して取引に慣れることからスタートしましょう。しかし、デモ口座でいくら取引しても利益は稼げません。そのためには、できるだけ早く実践あるのみ。ローリスクなハイローオーストラリアであれば、デモ口座を開設せずにリアルマネーでバイナリーオプションをスタートするほうがお得です。

HighLowロイヤルティが非常に豪華

ハイローオーストラリアで取引をすると様々な特典があります。HighLowロイヤルティプログラムは、お客様の取引金額に応じてキャッシュバックが還元されるプログラムで、毎月取引金額に応じたステータス(プレーヤー/トレーダー/プロ/エリート)が付与されてキャッシュバック得ることができます。ちなみにHighLowロイヤルティは、取引結果がどの状態であっても取引金額によって付与されるものです。1ヶ月間の取引金額に応じ付与される報酬として取引のたびにHighLowポイントは貯まっていきます。ステータスによって、HighLowポイントは最大50,000円キャッシュバックとして還元されるお得なシステムです。

お得なハイロージャックポット

ハイローオーストラリアでは、幸運なトレーダーに約定後最大500,000円のキャッシュバックが当たるボーナスチャンスがあります。ステータスが高くなるにつれジャックポット当選確率や獲得金額がアップするのでぜひ挑戦したいところです。

ハイローオーストラリアのデメリット

ハイローオーストラリアにはデメリットもあります。そんなデメリットについても見ていきましょう。

金融庁未登録

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録されていません。日本で展開する以上、海外拠点を持つバイナリーオプション業者であっても金融庁登録は必要ですが、ハイローオーストラリアは日本の金融庁の登録を受けておらず、何度が過去には警告を受けています。

MT4との連携ができない

ハイローオーストラリアは操作しやすいバイナリーオプションではありますが、テクニカル分析ツールが搭載されていません。バイナリーオプション初心者にとってはそれほど重要なツールではないものの、中上級者であれば、多少なりとも物足りなさを感じるようです。

最低出金額が1万円と高め

ハイローオーストラリアは最低出金額が1万円と高めに設定されています。最低出金額が5,000円というバイナリーオプション業者も多く、利益を出すためのハードルが高くなります。ただし、ハイローオーストラリアは入手金手数料が無料であるため、1万円以上の口座残高があれば何度でもお金を引き出せます。

規約違反や不正取引を行うと口座凍結される

ハイローオーストラリアに限ったことではありませんが、規約違反や不正な取引が行われた場合には口座凍結といったペナルティが起きる場合があります。運営側の判断で禁止行為とみなされた場合に口座凍結となる可能性があるため注意が必要です。ハイローオーストラリアを利用するのであれば、事前に規約を確認しておきましょう。ハイローオーストラリアでは以下のケースに該当する場合に口座凍結のリスクが生じます。

口座凍結のリスクがある取引
  •  レート遅延やフロントランニングを狙った取引
  •  自動売買ソフトの利用の疑いがある
  • 取引額と比べて入出金額が一般的な額を超えている
  •  本人確認書類や公共料金、郵送物などを偽造した
  • 複数口座の開設
  • クレジットカード乱用

ハイローオーストラリアで口座開設

ハイローオーストラリアでトレードをスタートさせるための流れですが、ステップとしては4つあります。ハイローオーストラリアにはデモトレードがあるので、まずはデモトレードで感覚をつかんでみてからもありです。ただし、ある程度の経験がある方やめんどくさいと感じる方は、いきなりトレードしてみてもよいかもしれません。

口座開設

最初に、ハイローオーストラリアの公式ホームページから口座開設を行っていきます。
口座開設に必要な以下のものは、事前に用意しておくとスムーズに口座開設が行えます。

口座開設に必要なもの
  • メールアドレス(フリーアドレス)
  • 本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカード)

本人確認書類にマイナンバーカードを使った場合には審査に2日~3日ほどかかるようです。よって運転免許証での認証が賢明と思われます。口座開設時に設定したIDやパスワードは、必ず紙にメモで残しておきましょう。最近は個人情報の使いまわしができにくいため、複数のID/PASSを所有している人もいると思いますので、忘れないためには手元に残しておくのがベストです。

取引の資金を入金する

ハイローオーストラリアでは以下の3つの方法で資金を入金することが可能です。

入金方法
  • 銀行振込
  • クレジットカード決済
  • ビットコイン送金

なかでも手早くバイナリーオプションをスタートしたい方はクレジットカード決済がおすすめです。入金が即時反映されるためとても便利です。

取引開始

入金完了したら、すぐに取引を始められます。取引方法、銘柄、判定時間の3つを選択し、後は「High」or「Low」のボタンをクリックするだけ。なお、2023年1月現在、新規口座開設時には5,000円分のキャッシュバックボーナスが受け取れますので、ボーナスを使ってリスクの少ないトレードを楽しめます。

利益を出金

取引の結果、利益を出したら出金手続きを行うことになるでしょう。ハイローオーストラリアで利用可能な出金方法は現状で銀行振込のみです。ハイローオーストラリアで出金する際は、取引口座に1万円以上入っている状態でなければなりません。まずは口座残高が要件を満たしているか確認しましょう。出金先にゆうちょ銀行を使う場合には、口座番号の入力に注意が必要です。ハイローオーストラリアは7桁の口座番号入力となるため、8桁のゆうちょ銀行では末尾を抜いた7桁で入力し、出金手続きを行います。

ザ・オプション

ザ・オプションは、Arktch Ltdという企業がマーシャル諸島で運営する海外バイナリーオプション業者。バイナリーオプション業界でも高いとされるペイアウト率に加え、口座開設前にはデモ体験も可能です。

ザ・オプションの公式サイト
会社名/本社所在地 Arktch Ltd
Trust Company Complex, Ajeltake Road, Ajeltake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
業務内容 ・外国為替およびトレンドトレーディング仲介業務
・インターネット上で行う外国為替およびトレンドトレーディング取引に関する業務
・外国為替およびトレンドトレーディングの売買・媒介業務
・外国為替に関する情報提供サービス
金融ライセンス Alphabrex OÜ : No. FFA000397

ザ・オプションの特徴

ザ・オプションの公式サイトによれば、いくつかのメリットがあります。

約定の速さと高いペイアウト

ザ・オプションの最新型プラットフォームには、約定処理時間の早さと安定感があります。なおかつ業界一のハイペイアウト率が提供されています。

登録不要のフリーデモ

ザ・オプションでは、口座開設前に入金不要で取引プラットフォームを試せるようにフリーデモが提供されています。

お客様の資金の分別管理

ザ・オプションは、お客様資金の安全のために分別管理を採用しています。

最新プラットフォーム

ザ・オプションには、バイナリーオプション初心者からプロフェッショナルトレーダーまで、さまざまなレベルのトレーダーに評価が高い独自プラットフォームが採用。全ての機能を備えた高水準トレンドトレーディング取引プラットフォームでバイナリーオプションを実行可能。フィードはLightstreamer社経由FXCM社によるライブデータストリーミングが提供されています。

ザ・オプションの取引方法

ザ・オプションでは以下のような手順で取引を行います。

  1. 取引オプション(ハイロー/スプレッドハイロー/短期)のいずれかを選択
  2. 取引したい資産(ex.EUR/JPY)を選択
  3. 判定時刻を選択します。HIGH(上)、LOW(下)どちらか予想したほうをクリックで選択
  4. 金額を入力し、「購入」ボタンをクリックすれば取引が完了

ザ・オプションの取引オプション

ザ・オプションには取引オプションが3つあります。

ハイロー

ザ・オプション中で最も一般的な取引オプション。上がるか下がるかを予測し、予測が当たれば銘柄ごとのリターン率(最大95%)が獲得できます。もし負けた場合、購入した分は損失となります。

スプレッドハイロー

スプレッドハイローは、スプレッドがあるハイロー取引のオプションです。スプレッドは、買値と売値にある差のことですが、差がある分リターン率が最大100%と高くなっています。

短期

短期取引は、取引結果がすぐに出る、時間がない時でも取引できるオプションです。短期オプションのリターン率は80%前後です。

ザ・オプションの通貨ペア

ザ・オプションの通貨ペアはそれほど多くはありません。以下15種類の通貨ペアにて取引が可能となっています。

AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/CHF、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/CAD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY

ザ・オプションの取引時間

ザ・オプションでは、短期取引のシステム上のスケジュール設定は2シフトに分割。スケジュール切り替えが日本時間で16時となります。よって15:55以降からは一時的に5分取引から順に短期取引利用ができない時間帯が発生してしまいます。16時以降は通常通り利用できます。短期取引スケジュール終了の翌朝5:55も同様に5分取引から順に取引終了となっています。

ビーウイニング

ビーウイニングは、パナマ共和国に法人登記されている会社が運営するバイナリーオプション業者。ハイローオーストラリアにサイトが酷似していますが、日本語サイトはあまり出来が良いとは言えません。利用者が取引しやすい環境が整っており、バイナリーオプション初心者から上級者まで幅広く利用できます。デモ口座も用意されているので、まずは使い勝手を試してみるのがおすすめです。

ビーウイニングの公式サイト
業者名 ビーウイニング
運営会社 BET GLOBAL MARKET INC

ビーウイニングのスペック情報

ビーウイニングのスペックは以下のようなものとなっています。

金融ライセンス なし
分別管理 分別管理
取引方法 ハイロー
ペイアウト倍率 最大95%
判定時間 ショート:1分〜5分※
ロング:10分〜21時間※
途中売却 可能
アットザマネー 購入額返金
最低購入額 500円
口座維持手数料 無料
最低入金額 5千円
入金手数料 無料
最低出金額 1万円
出金手数料 無料
ボーナス 期間限定開催
問い合わせ方法 メールのみ
受付時間 平日24時間対応
デモ口座 あり
日本語対応 あり

※ペイアウト倍率・判定時間は、銘柄・売買方向・時間帯・相場状況によって変動することがあり

ビーウイニングのペイアウト倍率

ビーウイニングには「ターボ」「ターボスプレッド」「ハイロー」「ハイロースプレッド」の4種類のオプションが存在します。以下のように取引オプションによってペイアウト倍率が異なります。

ターボ ターボ スプレッド ハイロー ハイロースプレッド
ペイアウト率 1.85~1.95 2.00~2.30 1.85~1.95 2.00倍
取引時間 30秒/1/3/5 30秒/1/3/5 15分/1時間/1 15分/1時間/1

ビーウイニングの取扱銘柄

ビーウイニングは、取扱銘柄数が充実している点も特徴です。通貨ペア23銘柄以外に、株式33銘柄・貴金属2銘柄・エネルギー2銘柄・株価指数6銘柄・仮想通貨20銘柄の取引が可能となっています。ちなみに、ビーウイニングの全取扱銘柄は以下の通りです。ビーウイニングとファイブスターズマーケッツは、取扱銘柄のラインナップが全く同じとなっています。

ビーウイニングの通貨ペア(23銘柄)
AUD/CAD EUR/USD
AUD/CHF GBP/AUD
AUD/JPY GBP/CAD
AUD/USD GBP/CHF
CAD/CHF GBP/JPY
CAD/JPY GBP/USD
CHF/JPY NZD/USD
EUR/AUD USD/CAD
EUR/CAD USD/CHF
EUR/CHF USD/JPY
EUR/GBP USD/ZAR
EUR/JPY -

ビーウイニングの取引ツール

ビーウイニングの取引ツールは以下の通りです。なんとビーウイニングでは、25種類のテクニカル分析が可能です。バイナリーオプション業者でも珍しくテクニカル分析指標が利用できるため、分析とバイナリーオプション取引を同じ取引ツールでやりたい方にはもってこいの業者です。

ツールの独自機能 テクニカル分析表示/トレーダーセンチメント
アプリ対応 iPhoneアプリ×/Androidアプリ×/スマホ用サイト〇
テクニカル分析可能な項目 SMA、RSI、BB、MACD、Aroon、Aroon Oscillator、DPO、EMA、TEMA、TRIX、APO、PPO、WMA、Linear regression、Linear regression slope、AO、ATR、CCI、IKH、Momentum、Pivot points、Price Channel、Price Envelopes、Stochastic、Williamsr

ビーウイニングのメリット・デメリット

最後に、ビーウイニングを利用するメリット・デメリットについても見ておきましょう。

メリット1.テクニカル分析が充実

先ほどもお伝えしましたが、ビーウイニングの取引プラットフォーム画面では、25種類のテクニカル分析が可能となっています。テクニカル分析を表示しながら取引に臨むことができ、分析とトレードが一つの取引プラットフォームで完結できるのはユーザーにとって大きな魅力と言えます。

メリット2.ペイアウト倍率は最大1.95倍

ビーウイニングのペイアウト倍率は最大195%となっています。バイナリーオプション業者の平均的なペイアウト倍率は185%~190%でありますので、比較的高いペイアウト倍率で取引可能となっています。

メリット3.国内銀行送金での入金・出金が可能

ビーウイニングの入金方法は、国内銀行送金とビットコインのふたつ。さらに出金方法は、国内銀行送金が利用できます。ただし、入出金方法はそれほど多くないため利便性が高くはありませんが、国内銀行送金ができる点はユーザーにとってメリットとなることでしょう。

デメリット1.約定力が低い

ビーウイニングの取引プラットフォームは多機能となっており、詳細分析が可能です。しかし、銘柄切り替えやチャート表示などはスムーズに動作しないという口コミも見かけます。また、取引ツールのエラーや強制ログアウト、約定力の低さも指摘されています。

デメリット2.運営期間が短く信頼性が低い

ビーウイニングは、2021年4月15日にサービスを開始したばかりの新興バイナリーオプション業者であり、運用実績が2年ほどしかありません。情報が少なく「怖い」と感じる方もいるのではないでしょうか?しかし、
ビーウイニングはアフィリエイトを中心として、SNS・掲示板・YouTube・ブログなどに大きく取り上げられることが多いバイナリーオプション業者のため、かなり知名度があります。ですが、安心して利用できる業者とは言えない点が注意点となります。

デメリット3.入出金方法が国内銀行送金と仮想通貨のみ

ビーウイニングは入出金方法が非常に少ないバイナリーオプション業者。入金方法は国内銀行送金とビットコインのみ。「クレジットカード」「デビットカード」「国際決済サービス」「オンラインウォレット」などが利用できません。その点は利便性が低いと感じるところでしょう。

デメリット4.ボーナスが無い

ビーウイニングは、2023年1月現在ボーナスがありません。海外のバイナリーオプション業者では、ザ・オプションのように豪華なボーナスやキャンペーンを実施しているところもあります。しかしビーウイニングでは、こうしたボーナスやキャッシュバックのサービスがないため、ボーナスを活用した取引をしたいと考える方や、自己資金をあまりかけずにバイナリーオプションを始めたい方には不向きです。

ゼントレーダー

ゼントレーダーは、ΖΤ-Μαrkets-Limitedが運営するセントビンセントグレナディーン諸島に本社がある海外バイナリーオプション業者です。シンプルな画面と操作性の高いオンライン取引プラットフォームとなっています。公式サイトは日本語化がなされていますが、日本語として不自然なところも多々あり、日本人向けサポートにあまり強い期待ができない印象です。

ゼントレーダーの公式サイト
会社名/本社所在地 Zentrader.comはZT Markets LLC
St. Vincent and the Grenadines Euro House, Richmond Hill Road, Kingstown
業務内容 ・外国為替および金融派生商品仲買
・インターネットにおける外国為替および金融派生商品仲買に付帯する業務
・外国為替および金融派生商品取引
金融ライセンス セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証の登録番号「1847 LLC 2022」

ゼントレーダーの特徴

ゼントレーダーには以下のような特徴がみられます。

特徴
  • 業界最高とされるペイアウト率(1.70倍~1.95倍)
  • 取引手数料無料
  • 基本通貨:米ドル、日本円、インドネシアルピア、ユーロ、ポンド
  • 外国為替、コモディティ(商品先物)、個別株、株価指数など豊富な取引銘柄
  • 経験豊富なスタッフが親切丁寧にサポート(英語、日本語、インドネシア語)
  • 素早い入出金、手数料無料

以下、際立った特徴についてピックアップしてご紹介しておきます。

500円の少額から取引可能

ゼントレーダーの最低取引額は500円と低く設定されています。他サービスでは5,000円に設定されているところもありますので、かなり利用しやすいでしょう。リスクを抑えてトレードしたい人やバイナリーオプション初心者にはゼントレーダーは比較的おすすめです。

デモトレードが利用可能

ゼントレーダーは、リアル口座開設する前段階でデモトレードの利用が可能です。ゼントレーダーのデモ口座では、100万円の仮想資金を使用して本番と同等環境でバイナリーオプション取引ができます。手持ち資金を一切使うことなく実際と同様なトレードができるため使い勝手を把握するのに効果的です。デモ口座はメールを送信することで利用可能です。

ゼントレーダーの取引種類

ゼントレーダーですが、取引種類は「クラシック」と「オンデマンド」の2つが用意されています。

クラシック

ゼントレーダークラシックは、FXをはじめ商品先物、貴金属、有価証券、株価指数の変動により利益を得ることができるものです。設定期間によって判定されます。商品によりますが160~190%の利益を期待することが可能です。設定期間の柔軟性・便利さを好む短期トレーダーに適しています。

ゼントレーダークラシックでは、開始時間と終了時間が設定されていますが、以下の通りです。
取引時間:15分、30分、1時間、2時間、4時間

オンデマンド

ゼントレーダーオンデマンドでは、トレーダーは30秒~5分間、お好みの取引時間を選択することが可能。ゼントレーダークラシックとは異なり、取引実行後にタイマーがすぐにカウントスタートとなります。オンデマンドでは、商品によって180%~195%のペイアウトが可能。短期に複数取引を実行したいトレーダーはオンデマンドが適正です。

取引時間

30秒、1分、3分、5分

ゼントレーダーの通貨ペア

ゼントレーダーで取引可能な通貨ペアには以下のようなものがあります。

ゼントレーダークラシック

AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、CAD/JPY、CHF/JPY、EUR/AUD、EUR/GBP、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/AUD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、USD/JPY

ゼントレーダーオンデマンド

AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、NZD/JPY、USD/JPY

ゼントレーダーの取引プラットフォーム

ゼントレーダーでは、パソコンからの取引以外にもタブレットやスマートフォンで取引を行えます。

ウェブブラウザ版

いつでも手軽に使えるダウンロード不要のウェブブラウザ版です。パソコン(Win/Mac)、タブレット、スマホ(Android/iOS)に対応しており、ホームページから簡単にログインすることができます。

PC版取引ツール

フル機能のPC版取引ツールをダウンロードすれば利用できます。WindowsとMacどちらにも対応しています。

Androidアプリ

ゼントレーダーでは、Androidアプリでの取引が可能です。リアルタイムで市場の動きを確認し時間・場所を選ばず瞬時に取引可能とします。現在のところiOSにはアプリがありませんのでその点は悔やまれます。

ゼントレーダーを利用する際に注意すべき点

ゼントレーダーは、以下の禁止行為に該当するとペナルティとなってしまいます。

禁止行為
  • VPSまたはバーチャルマシン(VM)から取引した場合
  • 仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を介した取引の場合
  • Torブラウザもしくは同様のサービスを使用した場合
  • アービトラージ(裁定取引)、価格レイテンシ(待ち時間)、もしくはシステムの過負荷を利用した取引をした場合
  • 取引量に急激な変化もしくは大きな変化が認められるスキャルピングトレード

取引違反した場合には最悪の場合口座凍結となってしまいますので注意しましょう。

ゼントレーダーの入出金方法

ゼントレーダーでは、以下の方法により入出金が可能です。ちなみに入出金手数料は無料です。

クレジットカード・デビットカード

クレジットカード・デビットカード入金は、手続き完了後、すぐにゼントレーダーの取引口座に反映されます。VISA、Mastercard、JCBが利用可能です。ゼントレーダー管理画面にログインし「ご入金」をクリック。「クレジットカード VISA・MASTER」「クレジットカードJCB」のいずれかを選択します。
また、クレジットカードでの出金には未対応となっています。

※ゼントレーダーは、クレジットカード・デビットカード入出金手数料は無料ですが、カード発行会社によっては海外取引、事務処理、為替手数料などが発生するケースがあります。詳しくは各カード発行会社に確認しましょう。

ターボ入金(24時間即時入金)

ターボ入金とは、24時間365日(土日・祝日を含む)手数料無料で多くの金融機関から入金ができるサービスのことです。事前の手続きは不要で、15分程度で口座に反映されます。このターボ入金ですが、「みずほ銀行」を選択し入金額を入力し「ご入金」をクリックすればOKです。最低入金額は5000円となっています。
また、ゼントレーダーでは指定の金融機関口座への出金が可能となっており、最短で翌営業日の着金になります。

日本国内銀行送金 CURFEX

Curfex(カーフェックス)は香港が拠点の海外送金サービス。日本の金融庁関東財務局の認可を受け運営しているため、安全に取引ができますが事前登録が必要となります。平日のみ利用可能となっており、通常1時間以内に口座反映されます。ゼントレーダーでCurfex入金する場合、国内銀行送金が最も早いです。通常1時間以内に入金完了となります。なお、ゼントレーダーでは、Curfex出金は指定の金融機関口座への出金が可能で、こちらも最短で翌営業日の着金となります。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは迅速で便利な入出金方法です。このビットコイン入金では、ゼントレーダー管理画面の入金ページから「仮想通貨 ビットコイン入金」を選択し、希望の入金額をビットコイン(BTC)額で入力したのち、送付先ビットコインアドレスとQRコードが表示されますので送金するだけです。ゼントレーダーが送金確認を受け取った時点の為替レートが適用となりますので、ゼントレーダー取引口座の基本通貨で入金が反映されます。ビットコインであれば24時間365日入金が可能、ネットワークに問題がなければ3回承認後に(通常は20分以内)処理が完了します。
また、ビットコイン出金処理は1日1回行われます。取引口座の基本通貨で出金申請を行いますが、出金処理した時点でのレートを使用しビットコインウォレットに送金されます。

bitwallet

bitwalletは、ゼントレーダーの中で最も早く便利な入出金方法です。即時取引口座に反映ができ、4種類のクレジットカードと銀行送金に対応しています。ビットウォレット口座を持っていない場合でも、ワンタイム決済を利用すれば入金可能です。
一方、ビットウォレット出金は、まずゼントレーダー管理画面にログイン後に「ご出金」をクリックします。「ご出金額」を入力して「出金方法」メニューから「bitwallet(ビットウォレット)」を選択。ビットウォレット口座メールアドレスを入力して「送信」をクリックすれば手続き完了です。

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツは、為替や株、商品、株価指数などの金融商品を、公正に取り扱うことが出来る革新的オンラインプラットフォームを提供するトレーディングプロバイダー。バヌアツに法人登記されているFull Rich Limitedが運営する海外バイナリーオプション業者で10年以上にわたるバイナリーオプションの事業歴があります。2014年からトレーディングサービスの提供を開始し、2018年1月には、サービス名をファイブスターズマーケッツ に変更しました。スタッフは香港や中国、日本で教育を受け、多国籍銀行などの金融機関で長きにわたり知識・経験を積んでいることから、日本語だけでなく中国語、広東語対応も可能です。

ファイブスターズマーケッツの公式サイト
会社名/本社所在地 Full Rich Limited
PO Box N-3944,Kings Court Bay Street,Nassau, Bahamas
支店 香港支店 Suite1901, 19/F, Cheung Kong Center, 2 Queen’s Road Central, Hong Kong
設立 1993年設立

ファイブスターズマーケッツの取引概要

ファイブスターズマーケッツは以下のような条件にて取引が行われます。

ペイアウト率 1.60倍〜1.9
取引時間 平日:24時間対応
取引銘柄の種類 通貨ペア:23銘柄
株式:34銘柄
貴金属:2銘柄
エネルギー:2銘柄
株価指数:6銘柄
仮想通貨:20銘柄
最低取引額 500円
取引手数料 無料
最低入金額 10,000円
最短判定時間 30秒
ボーナス 10回取引で5,000円ボーナス

ファイブスターズマーケッツの特徴

公式サイトによるファイブスターズマーケッツの特徴は以下のようなものがあります。

特徴
  • 業界最速の当日出金に対応
  • 取引は2種類、二者択一で人気の高い「ハイロー取引」、相場の波に乗れば20連勝以上も頻発する「WowFX取引」がある
  • ハイロー取引で、同値で満期時刻を迎えた場合は投資額が払い戻される
  • ペイアウト倍率が高い代わりに、不利な価格で取引が開始されるスプレッド取引はなし
  • 最短30秒の超短期取引可能
  • チャートは、ライン、ローソク足、エリア、四本値(バーチャート)に対応
  • インジケーターは、SMA/RSI/ボリンジャーバンド/MACD/AROON/DPO/EMA/TEMA/その他計25種類に対応
  • スマートフォンやタブレットPCのブラウザから取引可能
  • 人気オンラインウォレット bitwalletに対応しており、入出金が便利
  • 出金手数料は1回につき1,000円かかるものの、bitwallet出金は何回でも無料
  • 全25種類の暗号通貨関連銘柄が用意。暗号通貨取引にて土日も取引が可能

ファイブスターズマーケッツの通貨ペア

ファイブスターズマーケッツの取扱銘柄ですが、なんと全部で87銘柄あります。ファイブスターズマーケッツの場合、株式・仮想通貨も取引が可能です。注意点として、ファイブスターズマーケッツの場合は「ハイロー」か「WowFX」かによって利用可能な銘柄が異なります。いかに利用可能か否かをまとめています。

通貨ペア(23銘柄)

銘柄 ハイロー Wow FX 銘柄 ハイロー Wow FX
AUD/CAD 可能 可能 EUR/USD 可能 可能
AUD/CHF 可能 可能 GBP/AUD 可能 可能
AUD/JPY 可能 可能 GBP/CAD 可能 可能
AUD/USD 可能 可能 GBP/CHF 可能 可能
CAD/CHF 可能 可能 GBP/JPY 可能 可能
CAD/JPY 可能 可能 GBP/USD 可能 可能
CHF/JPY 可能 可能 NZD/USD 可能 可能
EUR/AUD 可能 可能 USD/CAD 可能 可能
EUR/CAD 可能 可能 USD/CHF 可能 可能
EUR/CHF 可能 可能 USD/JPY 可能 可能
EUR/GBP 可能 可能 USD/ZAR 可能 不可
EUR/JPY 可能 可能
株式(34銘柄)
銘柄 ハイロー Wow FX 銘柄 ハイロー Wow FX
Adidas 可能 不可 Sanofi Aventis 可能 不可
Allianz 可能 不可 SAP 可能 不可
BBVA 可能 不可 Siemens 可能 不可
BMW 可能 不可 Twitter 可能 不可
BNP Paribas 可能 不可 Visa 可能 不可
Boeing Co 可能 不可 Volkswagen Vz 可能 不可
Citigroup 可能 不可 アップル 可能 不可
Ebay 可能 不可 アマゾン 可能 不可
Exxon Mobil Corp 可能 不可 可能ババ 可能 不可
Facebook 可能 不可 ウォルト・ディズニー 可能 不可
HSBC 可能 不可 グーグル 可能 不可
IBM 可能 不可 ゴールドマンサックス 可能 不可
Intel 可能 不可 コカ・コーラ 可能 不可
Michelin 可能 不可 テスラ 可能 不可
Moderna 可能 不可 トタル 可能 不可
Netflix 可能 不可 マイクロソフト 可能 不可
Renault 可能 不可 マクドナルド 可能 不可
貴金属(2銘柄)、エネルギー(2銘柄)
銘柄 ハイロー Wow FX
可能 可能
可能 不可
天然ガス先物 可能 不可
原油先物 可能 可能
株価指数(6銘柄)
銘柄 ハイロー Wow FX
ダウジョーンズ 先物 可能 可能
S&P 500 先物 可能 可能
DAX 30 先物 可能 可能
NASDAQ 100 先物 可能 可能
NIKKEI 225 先物 可能 不可
IBEX 35 先物 可能 不可

仮想通貨(20銘柄)

銘柄 ハイロー Wow FX 銘柄 ハイロー Wow FX
Binance coin 可能 不可 Monero 可能 不可
Bitcoin 可能 可能 Namecoin 可能 不可
Bitcoin Cash 可能 不可 Polka Dot 可能 不可
Bitcoin SV 可能 不可 Ripple 可能 可能
Cardano 可能 不可 Stellar 可能 不可
Dogecoin 可能 不可 Tezos 可能 不可
EOS 可能 不可 Theta 可能 不可
Ethereum 可能 可能 Tron 可能 不可
Link 可能 不可 Uniswap 可能 不可
Litecoin 可能 可能 VeChain 可能 不可

ファイブスターズマーケッツ利用のメリット・デメリット

ファイブスターズマーケッツの利用に際し、以下のようなメリット・デメリットがある点はぜひ知っておくと、取引の際に困らなくて済みます。

メリット1.仮想通貨取引なら土日も利用可能

ファイブスターズマーケッツは仮想通貨取引に対応していますので、24時間365日、平日以外に土日祝日もバイナリーオプションの取引が可能です。 (Bitcoin/Ethereum/Ripple/Litecoin/Cardano/Aave/BitcoinCash/Namecoin/Stellar/Monero/Tezos/Dogecoin/
Binance coin)。

メリット2.取引量に応じたキャッシュバック制度

ファイブスターズマーケッツでは、ハイロー取引の月間投資額が 50万円以上の場合、投資額の1%をキャッシュバックしてくれます(ボーナス上限額15万円)。たとえば、投資額50万円だと5,000円獲得/投資額100万円だと1万円獲得/投資額1000万円で10万円だと獲得といった具合に、取引結果や勝ち負けは関係なく取引を継続すればば毎月ボーナスの受取りが可能です。

さらに「bitwalletは便利だね! 更にボーナス3,000円」と称し上記1%キャッシュバック対象者にて、対象月にbitwalletにて3回以上の入金を行ったお客様には、さらに3,000円の追加ボーナスが獲得できるキャンペーンもあります。こちらも出金条件はなく毎月受取りが可能となっています。

デメリット1.トレードツールの挙動が遅い

ファイブスターズマーケッツトレードツールに関しては、挙動の遅い部分があるという噂があります。たとえば、銘柄切り替え時やログイン時、ログアウト時、メニュー切り替え時にその遅さを感じることもあるようで、長時間トレードしているとストレスを感じる場合があります。

デメリット2.ペイアウト倍率が低め

バイナリーオプションで重要なペイアウト率ですが、ファイブスターズマーケッツのペイアウト率は他社比べると少々低めとなっています。一番低いと1.6倍となっていますので、取引の際には検討が必要です。

ファイブスターズマーケッツの入金方法

ファイブスターズマーケッツは入金においてbitwallet、クレジットカード、銀行振込の3種類へ対応しています。

Bitwallet入金

bitwalletは bitwallet社が提供するオンラインウォレットです。出金手数料は通常 1回につき1,000円かかりますが、bitwalletでの出金は何回でも無料。手数料の大幅節約に貢献します。

銀行振込入金

銀行入金については、最低1万円からの入金となります。口座反映は振込時間によって異なります。

最低入金額 1万円
最高入金額 300万円(1)
取引口座反映時間 15:00までに振り込みした分は、数分~数時間で口座反映
15:00以降に振り込みした分は、翌営業日に口座反映
※土日祝、その他弊社休業日の場合は翌営業日に反映
弊社営業時間: 10:0017:00 日本時間(土日・祝は除く)

なお、お振込完了後にメールで連絡しなければ口座反映が行えませんので下記の内容のメールを1通送る必要がありますます。

送信先 support@fivestars-markets.com
メール件名 銀行振込完了
メール本文 1.振込先銀行名(イオン銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれか)
2.振込日
3.ご氏名(弊社口座名義と振込名義が異なる場合は、両方記載ください)
4.メールアドレス(弊社口座に登録されているメールアドレス)
5.お振込額(1万円~)
振込手数料
キャッシュバック
振込手数料の記載がある明細書か画面を撮影し、画像をメール添付にて送った場合、振込手数料をボーナスとしてキャシュバック(上限額500)
クレジットカード入金

クレジットカード入金についても、最低1万円からの入金となります。

最低入金額 1万円
最高入金額 1回10万円、月間6(最高60万円)まで入金可能。過剰な投資やクレジットカードの不正利用、換金目的の利用防止の為、月間6回まで。
取引口座反映時間 即時反映
利用可能ブランド Visa、MastercardJCB
注意事項 お取引口座利用者、本人名義のクレジットカードが利用可能。他人名義(家族・親族を含む)のクレジットカードは利用できません。他人名義のクレジットカード利用が発覚した場合、お取引口座はクローズとなります。その場合ご出金対応は行えません。

ファイブスターズマーケッツの出金方法

ファイブスターズマーケッツの出金方法は以下の通りです。

クイック出金(銀行振込)
概要 お客様ご指定の銀行口座にお振込致します。(出金手数料:11,000)
最低出金額 1万円
最高出金額 300万円(1)
出金完了までの時間 平日12(正午)が締め
正午までに出金要請を頂いた場合は、当日の15時迄に着金が確認可能
(出金処理実施の際、メールにてお知らせとなります)
正午以降に出金要請を頂いた場合には、翌営業日の15時迄に着金が確認可能
※土日祝日等、休業日の場合は翌営業日の対応となります
注意
  • 出金要請額より手数料1,000円が差し引かれる
  • 出金先は日本国内の金融機関のみ対応となります。海外銀行には対応していない
  • 誤り防止の為、銀行名・支店名・口座番号を入力した際に口座名義が表示されない銀行口座へは振込みがなされない
  • 通常 正午までに出金要請した場合、当日中に着金確認はできるものの、受取金融機関により、着金が翌営業日となる場合がある
クレジットカード入金の場合

入出金間隔、お取引回数及び金額、その他利用状況に応じて入金したカードへ返金される場合があります(デビット、プリペイド型等含む)。

bitwalletで入金の場合

bitwalletでの入金履歴があるお客様はbitwalletでの出金対応となります。出金手数料は無料となっています。

ビナリウム

ビナリウムは、2012年に誕生したセントビンセントグレナディーンに本社を置くバイナリーオプション業者。セントビンセントグレナディーンのほか、ラトビアやウクライナ、キプロスにオフィスがあるようです。ビナリウムは日本人のトレーナーにはあまり知られていません。それもそのはず、ほとんど検索してもビナリウムの情報が出てきません。それくらい、日本語の情報が出回っていない業者である点は知っておく必要があります。

公式サイトは日本語化されているものの、正直よくわからないことと、あるリンクをクリックすると英語サイトに飛んでしまうなど、まだまだ改善の余地があるように思います。

会社情報

BINARIUM LIMITED(1599 CTD 2016)
305 Griffith corporate centre, P.O.Box 1510, Beachmont, Kingstown, Saint Vincent and the Grenadines
BINARIUM LIMITED(HE321566)
Office location::Office 02, 9 Kappadokias, Dasoupoli, 2028, Nicosia, Cyprus

ビナリウムのサポート

ビナリウムへのサポート依頼は、オンラインカスタマーサポートチャットに連絡するかsupport@binarium.comまで連絡することで折り返しの連絡があるようです。24時間年中無休のサポートを備えたオンラインチャットを使用することで、できる限り迅速に解決できます。ただしファイルを添付することはできないようです。電話番号は、+44(203)6957705/+ 7(499)703-35-81 にお問い合わせできます。

ビナリウムのアカウント種類

ビナリウムは次の5つのアカウント種類(Start/Standard/Business/Premium/VIP)が用意されています。

  Start Standard Business Premium VIP
入金額 5–99.99 $ 100–499.99 $ 500–1,999.99 $ 2,000–4,999.99 $ 5,000 $
トレードバック 0 5%(ボーナスとして) 10%(ボーナスとして) 12.50%(ボーナスとして) 15%(現金として)
取引資産 46 46 50 73 78
1日/1週間の出金制限 50 $ / 100 $ 200 $ / 500 $ 500 $ / 2,000 $ 1,500 $ / 4,000 $ 15,000 $ / 100,000 $
リクエストごとの制限 25 $ 50 $ 100 $ 250 $ 無制限
出金リクエスト 営業日5日以内に処理 営業日3日以内に処理 営業日2日以内に処理 営業日1日以内に処理 営業日1日以内に処理
トレーディングルーム Business Business Business, VIP
同時オープントレードの金額 100 $ 250 $ 1000 $ 2,500 $ 無制限

トレードバック:取引に負けた取引金の一部払い戻しのこと(損失補填)。毎週火曜日の12:00(UTC+0)に入金されます。利息はアカウントによって異なります。

ビナリウムの入出金

ビナリウムは入出金手数料がありません。アカウント入金または出金時には、発生する支払いシステム料金をビナリウムが負担してくれますが、取引量(すべての取引の合計)が預金の2倍以上の場合、出金申請金額の10%の手数料が負担されない場合があります。

入出金方法についてはVISA、Mastercard、Mirのクレジットカード、Qiwi、Yandex.Money、WebMoneyのeウォレットにて入出金が可能です。またビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルといった暗号通貨も利用可能です。通常リクエスト処理に1時間程度かかりますが、アカウント確認によりすべての要件を満たしている場合、1時間以内に引き出しリクエストが処理される場合もあるようです。もしもアカウントが確認されていない場合、最悪のケースでは引き出しリクエスト処理に最大3営業日かかることもあります(未確認のアカウントからは1日に1つしかリクエストを受け付けることができないようです)。リクエストは、月曜日から金曜日の09:00〜22:00(GMT +3)にのみ処理、週末は一部の限られた数のリクエスト処理のみ行われます。さらに休業時に申請されたものは、翌営業日の初めに処理されます。

ビナリウムモバイルアプリ

ビナリウムには、ビナリウムモバイルアプリがあります。わざわざパソコンで多くの時間を費やす必要はなく、スマホのガジェットすべての操作を安全に行うことができるため、トレードをこれまで以上に楽なものにしてくれます。アプリ取引の際には、デポジットボーナスを使用することも可能です。

海外バイナリーオプション業者の正しい選び方

バイナリーオプションや海外バイナリーオプション業者について見てきました。バイナリーオプション業者は多数存在するので、バイナリーオプションが初めての方の場合、「どのように業者選びをすべきか分からない」と感じる方も多いことでしょう。

バイナリーオプション業者選定ポイントを挙げるとすると、以下の4つがポイントです。

  1. ペイアウト倍率の高いバイナリーオプション業者を選ぶ
  2. 信頼できるバイナリーオプション業者を選ぶ
  3. 使いやすいバイナリーオプション業者を選ぶ
  4. 主要通貨ペアを押さえたバイナリーオプション業者を選ぶ

ペイアウト率の高いバイナリーオプション業者を選ぶ

海外バイナリーオプションにおける一般的なペイアウト倍率は、1.7倍~1.9倍が平均となっています。ただし、最近では2倍(200%)を超えるバイナリーオプション業者も出てきているため、ペイアウト率が高い業者をできるだけ選びましょう。当然ペイアウト率が高ければ高いほど大きな利益を得やすいですが、その分リスクも高くなります。

信頼できるバイナリーオプション業者を選ぶ

バイナリーオプションをスタートする際には、信頼できるバイナリーオプション業者かどうかを確認しておきましょう。海外の業者を選ぶ場合には、設立年度や金融ライセンス保有の有無、運用実績や評判なども見ておきましょう。

使いやすいバイナリーオプション業者を選ぶ

バイナリーオプションは、操作性も選定ポイントのひとつです。チャートの動きが遅いとストレスとなりますし、約定率が低ければ理想通りの取引ができません。事前に口コミや評判をチェックしておくのが賢明です。

主要通貨ペアを押さえたバイナリーオプション業者を選ぶ

バイナリーオプションは、選んだ業者によって通貨ペアをはじめ銘柄バリエーションが違ってきます。どんなに取引環境が良くても、実際に活用したい銘柄の取り扱いがなければバイナリーオプションを行う意味は半減します。主要な通貨ペアがあればまずは大丈夫ですが、先を見込んでどんな通貨ペアを取り扱っているかは確認しておきましょう。

海外FXランキング

1ブビンガ

ブビンガ

収益性が高いとされるプラットフォーム

ブビンガは、NORTANA SERVICES LIMITEDなるキプロスにある会社が運営しているバイナリーオプション業者。2012年からサービスをヨーロッパ中心に行っているものの、日本進出は2022年9月頃とごく最近のため、情報があまり出回っていません。最低取引額が1$で、仮想通貨取引により土日でも取引できる点が魅力となります。

メリット

  • 最低入金額5$から
  • デモアカウントあり
  • 1$からトレード開始
  • 運用歴は10年以上と長い

デメリット

  • 日本語対応が非常に弱い
  • 情報ソースが少ない
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.8倍 50種類
最低入金額 オプション数 ボーナス
5$ 5種
初回入金で100%ボーナス獲得
ブビンガでは初回入金の際に、特別ボーナスによりトレード資金が獲得できます。ただし条件があり、手順に従い50ドル(USD)以上の初回入金をすれば100%のボーナスが手に入ります。
デモアカウントで仮想資金10,000$トレード
ブビンガには無料のデモアカウントが用意されていますが、仮想資金$10,000を使って練習を思う存分行えます。自身が持てるようになったらリアルトレードに移って利益を稼ぎましょう。

2ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

業界最高の最大230%を誇るペイアウト率!

バイナリーオプション業界を引っ張るハイローオーストラリアですが、最低1,000円から取引可能。ペイアウト倍率は最大2.3倍で出金が素早く行われる点に魅力があります。トレーダーの利便性が最優先され、大きくて見やすく、明るい基調のチャートとなった機能豊富なインターフェイス。全体的なUIデザインはシンプルかつ機能的となっており、だれでも簡単に素早く取引できる環境があります。HighLowユーザーが、現在のトレンドをリアルタイムで確認できる、ポジションのインジケーター「トレーダーズ・チョイス」をぜひその目で確認してください!

メリット

  • ペイアウト率は業界最高の2.3倍
  • スマホアプリが利用可能
  • 日本語対応のサポートは抜群
  • 入出金へのスピードは早い

デメリット

  • MT4との連携は不可
  • 最低出金額が1万円からと高い
  • 規約違反や不正取引を行えば口座凍結の恐れも
  • 金融庁への登録が行われていない
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
2.3倍 17種類 〇(iOS、Android)
最低入金額 オプション数 ボーナス
5,000円 4種
HighLowロイヤルティプログラム
HighLowロイヤルティプログラムとは、トレーダーの取引金額に応じてキャッシュバックが還元されるプログラム。毎月取引金額に応じたステータス(プレーヤー/トレーダー/プロ/エリート)が付与されてキャッシュバックが獲得できます。取引結果に関係なく取引金額によって付与されるため取引すれば誰でもキャッシュバックがもらえます。
特別なキャッシュバック
ハイローオーストラリアのハイロージャックポットは、幸運なトレーダーに約定後最大500,000円のキャッシュバックが当たるチャンスがある豪華なキャッシュバックボーナスです。ステータスが高くなるにつれ、ジャックポット当選確率や金額はアップします。たとえば、ステータス最高の「エリート」だと抽選で最大500,000円が当選します。

3ザ・オプション

ザ・オプション

ボーナスが豪華な海外バイナリーオプション業者

ザ・オプションはマーシャル諸島に本社を置く「Arktech Ltd.」が運営している海外バイナリーオプション業者。登録前にフリーデモ体験が可能のため、最新システムの取引プラットフォームの感触を事前に試せます。ザ・オプションは約定率の高さが評判であること、最短30秒の短期取引が可能。また取引するごとにポイントが付与されるキャッシュバックも。現金が還元されるシステムといったお得なポイントプログラムサービスがあります。

メリット

  • テクニカルチャートが使える
  • ボーナスが多彩
  • デモトレードが可能
  • 1回の最大購入額は20万円

デメリット

  • 最低取引金額は1,000円と安くはない
  • 自動売買ツールが利用不可
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.8倍程度 18種類 〇(Android)
最低入金額 オプション数 ボーナス
5,000円 3種
KANGEN ボーナスキャンペーン
ザ・オプションは、常時KANGEN ボーナスキャンペーンを実施しています。入金後に必要取引量を達成すればボーナスが口座へ振り込まれます。期間中に2万円以上の入金をすると自動エントリーとなり、該当キャンペーンの口座設定が行われます。
7,000円の初回入金キャンペーン
ザ・オプションでは、口座開設後の初回入金にて7,000円がキャッシュバックされます。初回入金後のキャッシュバックが5,000円という業者が多い中で、ザ・オプションの7,000円のキャッシュバックはかなり魅力的です。

4ビーウイニング

ビーウイニング

0.1 pipsで95%のペイアウト獲得が可能!

Bi-Winningはパナマ共和国に拠点を置くバイナリーオプション業者。ユーザーが利用しやすい環境が整っており、初心者から上級者まで幅広い人に向いているのが特徴です。通貨以外にも仮想通貨や外国株、貴金属、株価指数など合わせて100種類以上の商品を扱っており多彩なバイナリーオプションを楽しむことができます。ドロー判定の場合には負けではなく払い戻しがされるのは大きなポイントです。

メリット

  • ペイアウト率は1.95倍
  • テクニカル分析利用
  • 100種類以上の取引商品あり
  • 国内銀行送金での入金・出金が可能

デメリット

  • 日本語対応に不安
  • 入出金方法が少ない
  • デスクトップアプリのみ
  • ボーナスなし
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.95倍 45種類 ×
最低入金額 オプション数 ボーナス
5,000円 2種
クイックデモ利用可能
ビーウイニングでは、登録不要でハイロー取引が自由に試せます。デモ口座では10万円の仮想資金が用意されており、デモトレードを楽しめます。リアルトレード前に最新取引プラットフォームを自由に試すことが可能で、全ての機能が無料で利用できます
100種類ほどの豊富な取引銘柄
ビーウイニングでは、他の海外バイナリーオプション業者と比較しても豊富な取引銘柄の数を誇っています。海外業者でも取扱銘柄が100種を超える業者は稀です。そんなに使わないといっても、多彩なトレードを楽しみたい方におすすめのバイナリーオプション業者です。

5ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツ

ハイロー取引の老舗バイナリーオプション業者

ファイブスターズマーケッツは、為替取引をはじめとして株や株価指数といった金融商品を取り扱うオンラインプラットフォームを提供するトレーディングプロバイダー。バヌアツに法人登記されているFull Rich Limitedが運営しています。ファイブスターマーケッツは、仮想通貨バイナリーオプションができること、さまざまな豪華ボーナス、仮想塚取引により土日もトレード可能、チャートが高機能、といったメリットがあります。また業界最速の当日出金に対応しています。

メリット

  • ペイアウト率は業界最高峰の2.3倍
  • 日本語によるサポートが良いと評判
  • クイックデモトレードあり
  • キャンペーンが豪華で豊富

デメリット

  • ペイアウト率が他に比べると低め
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
1.9倍 23種類 〇(Androidのみ)
最低入金額 オプション数 ボーナス
10,000円 2種
月間投資額の1%がキャッシュバックされる
ファイブスターズマーケッツでは、ハイロー取引の月間投資額が 50万円以上の場合、投資額の1%がキャッシュバックされます。ボーナス上限額は15万円。取引結果の勝ち負けが関係なく、取引を継続すれば毎月ボーナスの受取りが可能というボーナスです。
10回取引で5,000円ボーナス
ファイブスターズマーケッツでは、1万円以上の入金に加えてオプション取引を10回以上達成した場合 5,000円ボーナスプレゼントとなります。取引対象銘柄は全銘柄となります。

6ゼントレーダー

ゼントレーダー

バイナリーオプション初心者におススメの業者

ゼントレーダーは、ZT-Μarkets-Limitedが運営するセントビンセントグレナディーンに本社がある海外バイナリーオプション業者。シンプルな画面と操作性の高いオンライン取引プラットフォームが提供され、着々とユーザーが増えています。スマホ(アンドロイドのみ)、タブレット、パソコンと様々なデバイスからも利用可能。2種類の取引方法「クラシック」と「オンデマンド」がありますが、クラシックのペイアウト率は160~190%で、オンデマンドのペイアウト率は180%~195%と平均的な数値です。

メリット

  • アプリの利用が可能(Android)
  • 金融ライセンスを保持
  • 平日24時間日本語サポートあり
  • お試しアカウントあり

デメリット

  • iPhone、iPadでアプリの利用不可
  • ドロー判定は負け扱い
最大ペイアウト率 通貨ペア アプリ対応
2.0倍 32種類 〇(Android)
最低入金額 オプション数 ボーナス
5,000円 2種
5,000円キャッシュバック
ゼントレーダーは、新規口座を開設して適用条件を満たした方に5,000円がキャッシュバックされます。ただし口座開設しただけではボーナスを受け取ることはできません。ボーナスを受け取るためには、口座入金をして、最低20回の取引を行う必要があります。
ゼントレーダーリワード
ゼントレーダーリワードとは、ゼントレーダーが提供する優遇プログラムで、取引量に応じ毎月のステージ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4つ)が決定。取引すればするほど高額なキャッシュバックがあります。
関連記事こちらの記事も人気です。